GANREF小澤太一ワークショップ写真展「@23区」

2016.07.13
写真展・イベント情報
この記事をシェア

【写真展のお知らせ】

リコーイメージングスクエア新宿にて、GANREF小澤太一スパルタワークショップメンバーの写真展が開催されます。

 

13043724_881231468670227_362630113395576692_n
 photo:佐々木 敏

 

会期:2016年7月13日(水)〜7月18日(月)

時間:10:30-18:30 (最終日は16:00まで)

会場:リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリーII

住所:新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービルMB

入場:無料

 

 

【一風変わったグループ展】

今回のGANREFワークショップのコンセプトは、公募制のギャラリーでの写真展開催に挑戦するというものです。

 

審査のあるギャラリーで開催するということは、個々のレベルもさることながら、写真展のテーマや構成が作品としっかり結びついている必要があるため、より厳しい目で作品を作り上げなければなりません。

そのため、より魅力的な構成になるよう、1年間にわたって撮影しては写真の入れ替えを行うという、サバイバル方式で行われたそうです。

"@23区Facebookページはこちら"

 

【テーマは驚き!】

小澤太一さん監修の元『驚き!』をテーマに、23区のアッと驚く物や場所が、14名のフォトグラファーによって切り取られています。

公募に落ちたら即解散という、その名の通りスパルタな厳しい環境に耐え、見事選考に通過した強者達の写真が大判プリントでご覧いただけます。

 

【FLAT LABO的みどころ】

プリントにもこだわっていて、 カラーチェックに何度も足を運んでいただき、色味の打ち合わせや、大きく伸ばした際のイメージの確認を行い、ご満足いただける作品に仕上がりました。

 

13567007_924368701023170_4977744597313784775_n
@23区フェイスブックページより

 

加工方法はゲータフォーム裏打ちです。軽く、良好な平面性で、取り扱いやすいため、写真展では人気の加工方法です。背面にアルミゲタを取り付けて展示しています。

A2サイズからA0までの作品を裁ち落としで展示することで、撮影時の驚きがそのまま鑑賞者に伝わってくるようです。ぜひご覧ください。

この記事をシェア