弘重ギャラリー

2017.07.26
Gallery Guide
この記事をシェア

FLAT LABO Gallery Guide

 

弘重ギャラリー

 

 

恵比寿駅のバスロータリーのある口から線路脇の坂道を歩き、右手に少し入ったところ、駅から徒歩6分ほどの小高い丘の上に綺麗な白いギャラリーが現れる。

モダンな建築事務所のような佇まいの弘重ギャラリー。

 

_DSC9410-1 _DSC9417-2

 

ここは身近な絵画教室から本格的なアートアカデミーなどを手掛ける、アトリエ・エビスが運営するレンタルギャラリーです。

 

ギャラリーの佐藤康司さんにお話を伺いました。

_DSC9284

 

弘重ギャラリーは、1階と地下1階がギャラリースペースとなっています。

1階はカジュアルな展示や、企画展を行うカフェギャラリー、地下1階は天井高3メートルの本格的なギャラリースペースです。

 

運営する絵画教室の制作展などによく利用されますが、絵画以外にも、洋服の展示会など様々な分野で全国から利用の申し込みがあります。その中でも写真のグループ展・個展は特に多いとの事。

 

 

_DSC9396-11F カフェギャラリー

 

 

 

_DSC9378-1

 

_DSC9375-1B1Fギャラリー

 

それもそのはず、弘重ギャラリーの魅力の1つは、作品を展示するためのギャラリーとして造られた建物であるということなのです。

 

ほとんどのレンタルスペースは居抜きで入居し、後から木工などで壁面を作っているのに対し、広重ギャラリーは設計の段階で地下のスペースを本格的なギャラリーにする目的で作られています。

 

そのため、天井高が3メートルと、レンタルスペースとしては考えられない贅沢な造りとなっていて、照明も美術館のようにだわっているのです。

_DSC9383-2

こだわった照明設備

 

 

1階はくつろぎのカフェギャラリー、読書や会話を楽しみながら作品を鑑賞できます。

 

階段を降りると、暖色系、寒色系、ミックス光と三種の光源が選べる、合計50㎡の2つの空間が広っており、A2作品が最大50点ほど展示可能。

 

_DSC9367-1

蛍光灯使用(寒色系)

_DSC9368-1

スポットライト使用(暖色系)

_DSC9370-2

ライト併用(ミックス光)

 

_DSC9389-2

移動壁面で区切ると2つの空間になります。

 

モノクロ作品なら暖色系、モダンな作風なら寒色系など、作品に合わせてどちらかの会場を選べるのも魅力の一つではないでしょうか。

 

また、弘重ギャラリーは、ギャラリースタッフが常中していることも大きな魅力です。

 

多くのレンタルギャラリーは、鍵を預かって施錠などの管理を任される事が多いのですが、少人数でのグループ展など、常に在廊していなければならない場合も多く何かと不便。。。

 

_DSC9399-1

 

常にスタッフがいるため、作家に寄り添った手厚いサポートが可能となるのです。一部有料となりますが、初めて展示を行う方や、制作に集中したい方向けにDMやポスターの制作、搬入出のサポートも行っています。

 

東京の地で40年近くの歴史を持つアートスクールを運営しているだけあって、作家のアーティストデビューを全力でサポートしてくれます。

 

「文化事業として、アーティストをサポートしていきたい。」

 

数多くの展示をサポートしている佐藤さんに展示の準備段階から相談をできるのは、大変心強いのではないでしょうか。

 

1日〜3日の展示も可能となるため、商品の販売会などの利用も多いそうです。

 

 

<Access>

MAP

 

HIROSHIGE GALLERY (弘重ギャラリー)


〒150-0022
渋谷区恵比寿南2丁目10-4 ART CUBE EBIS B1F
TEL:03-5722-0083(代)
11:00~19:00 (定休日:月曜日)

 

Hiroshige Cafe Gallery  (弘重カフェギャラリー)

 

同じ建物内 1階

 

 

詳しい情報はこちらから

ギャラリー案内(ご利用の流れ、平面図、料金、予約状況)

 

この記事をシェア