山下海 写真展「群像 -辺境に生きる人々-」

2016.12.08
写真展・イベント情報
この記事をシェア

山下海写真展「群像 -辺境に生きる人々-」

山下海さんの写真展が、12月6日〜12月16日まで新宿のコニカミノルタプラザ・ギャラリーBにて開催中です。

IMG_3921

”多様な民族性を有するアジア。中には50以上の民族が共存している国もある。めまぐるしい勢いで発展を遂げているアジアでも、都市部から遠く離れた場所ではその土地特有の民族性・文化がまだ色濃く残っている。私はそうした昔ながらの暮らしを送っている人々の村へと訪れた。
この作品では、それぞれ違った環境で生きる人々の姿を、彼らを育み、また、彼らが作ってきた風景と一緒に写し込んだ。人々の顔立ち、肌の色、服装、使っているものなど細かな違いを比較していく。そして自然に近しい暮らしを送る彼らの存在感を感じ取っていただきたい。”

 

IMG_3914

 

フラットラボでは、プリントとアルミマウント加工をサポートさせていただきました。

温かな眼差しのポートレイト作品でもあるので、額装にすると、どこかほっこりしてしまいますが、大判プリント+アルミマウントにすることで、写真と会場の境界線がなくなり、類型学的な要素が上手く活かされています。

 

 

IMG_3913

 

写真の前に立つと、まるで、彼らと対峙しているような錯覚に陥ります。

彼らが私たちに何を語りかけてくるのか、ぜひ会場にてご覧ください。

 

 

photographer:山下 海(やました かい)
1988年
佐賀県生まれ
2012年
福岡大学人文学部歴史学科卒業
2015年
日本写真芸術専門学校写真科フォトフィールドワークゼミ卒業

コニカミノルタプラザ

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F

12月6日(火)〜12月16(金)

JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分
(フルーツの新宿高野4F)

開館時間 10:30~19:00

※ 最終日は15:00まで。
※ 入館は閉館の15分前まで。

この記事をシェア