「不動まゆう」と行く灯台の旅 Vol.2

2016.08.30
PICKUP
この記事をシェア

レンタカーで、気ままにドライブ。

灯台専門誌 ” 灯台どうだい? ” 編集長 「不動まゆう」と旅してみた。

 

" Vol.2 "

 

『第1回 恋する灯台フォトコンテスト』の審査員を務めていただく、不動まゆう氏。

感性豊かな彼女の視点を通じて、灯台をめぐる旅の楽しさをお伝えします。

SHOT JAPAN井手康郎が、九州2泊3日灯台撮影の旅に出ましたが、今回は灯台女子と言えばこの方、「不動まゆう」さんと兵庫、京都にある灯台を旅したいと思います。

 

Vol.1はこちら

 

写真 2016-08-15 14 13 0110446189_873247409384115_8692626121061210209_o

< 不動まゆう プロフィール >

灯台マニアがおくる崖っぷちマガジン『灯台どうだい?』編集長
東京生まれ。国立音楽大学卒業。
28歳の時、東京湾に建つ“東京灯標”の閃光に心を奪われる。灯台の魅力を多くの人に知ってもらうため、2014年から灯台のフリーペーパー『灯台どうだい?』を発行。
新聞、テレビ、ラジオ等で「灯台」や「フレネルレンズ」の文化的価値を訴え、100年後の海にも美しい灯台とレンズを残すことを目指してアピールを続けている。
灯台愛好会ライトハウスラバーズ所属。毎年「灯台フォーラム」を企画運営する。公益社団法人 燈光会一般会員。

 

 

 

<灯台と共に夜明けを迎えてみる>

 

兵庫県 余部埼灯台を後にした不動さん。次なる目的地は、京都百景にも選ばれている【京都府 経ヶ岬(きょうがみさき)灯台】です。

 

経ヶ岬灯台への道は少し大変です。

なぜなら・・・・・

 

 

海抜140mの高さに建っている!!

 

そして・・・

 

灯台までは、駐車場から400mの山道を登る!!

 

からです。

 

さらにさらに・・・

 

ホテルを出たのは、まだ夜も明けぬAM4:00!!

 

 

京丹後市から丹後半島を西側から北上して、経ヶ岬へ向かいます。

まだ真っ暗・・・

 

写真 2016-08-16 4 30 24

 

クルマで15分ほど走ると、経ヶ岬灯台への案内が見えてきました。

まだまだ真っ暗・・・

 

写真 2016-08-16 4 27 47

 

 

灯台に近づいてから、灯台に一番近い駐車場まで、かなり傾斜がある山道を登ります。

 

海抜140mって、こんなに高いのか!!

 

 

駐車場に到着し、いよいよ灯台目指して山道を登ります。

きちんと階段が整備されていますが、まだ日の出前。

真っ暗闇をiPhoneで照らしながら、慎重に進みます。

 

写真 2016-08-16 4 58 41

 

 

それにしても不動さん、ペースが早い・・・・

運動不足のSHOT JAPANスタッフは、あっという間に置いて行かれます。

 

灯台の看板が見えたところで、「写真、、、撮りたいんで、、、、ちょっど止まっでぐださいぃぃぃ、、、」とお願いし、ようやく追いつくスタッフ。

 

健康な大人で、15分ぐらいかかりますので、運動不足の方は焦らず登ってくださいね!!

 

さあ、いよいよ経ヶ岬灯台とご対面です!!

写真 2016-08-16 4 59 23

 

 

不動さん、喜びのあまりバレリーナのような歩き方になっています。

写真 2016-08-16 4 59 41

 

入り口には、レンガ造りの方位信号所が。

写真 2016-08-16 5 09 32

 

写真 2016-08-16 5 09 10

 

 

 

そしていよいよ・・・・

 

 

灯台の頭が!!!  デカイ!!!

写真 2016-08-16 5 00 40

 

 

この壁の向こうに、灯台の本体が隠れているのです。

写真 2016-08-16 5 20 57

 

 

どの灯台にも、こういった解説が書かれたボードがあります。フムフム。

写真 2016-08-16 5 10 55

 

看板の左側に、下へ降りる石段があります。

写真 2016-08-16 5 11 47

 

 

灯台の正面からパノラマ撮影。iPhoneスゴイ。

写真 2016-08-16 5 17 24

 

正面からパチリ。

写真 2016-08-16 5 15 25

 

 

スタッフがiPhoneで撮影した正面です。これをInstagramで加工すると・・・

写真 2016-08-16 5 04 32

 

 

こんな感じに。

写真 2016-08-16 5 04 32 (1)

 

こちらは灯台の後ろ姿です。

写真 2016-08-16 5 12 37

 

後ろ姿を愛しそうに撮影する不動さん。

写真 2016-08-16 5 18 56

 

だんだん明るくなり、もう少しで日の出が見えます。

アブに刺されているのも忘れ、灯台を撮る不動さん。

写真 2016-08-16 5 01 11

 

大満足!!

写真 2016-08-16 5 35 46

 

 

こちらもスタッフのiPhoneで撮影した写真ですが、いかがでしょうか。

写真 2016-08-16 5 36 48 (1)

 

 

【灯台と共に迎える夜明け】を撮影し、この旅の終わりが近づいてまいりました。

東京で予定が入っているSHOT JAPANスタッフは、このあと京都に戻り、不動さんとお別れしたのでした。

 

さて、いかがでしたでしょうか?

 

灯台を目指す旅。

 

灯台の造形美や歴史を楽しむのはもちろんですが・・・

これまで気づかなかった岬の景色、海の幸山の幸、そして時には険しい山道を大切な人と歩む体験。

 

これら全てが『灯台ツーリズム』なのです。

 

週末の予定が決まっていないあなた。ぜひ近くの灯台を訪れてみてください。

買い物旅行、ビーチリゾートとは違う、ステキな体験が待っていますよ!!

 

写真 2016-08-16 5 50 41

 

不動さんの灯台レポートはこちら!!

 

 

 

スバル レヴォーグのレンタル情報はこちら。

 

<井手康郎 恋する灯台撮影してみた>

Vol.1 山口県 角島灯台編

Vol.2 大分県 鶴御埼灯台編

Vol.3 長崎県 伊王島灯台編

Vol.4 熊本県 湯島灯台編

koisuru

この記事をシェア