SIDE CORE "STREET MATTERS"

2017.02.17
写真展・イベント情報
この記事をシェア
sidecore

「STREET MATTERS」

tissue-2

 

今回SIDE COREは「STREET MATTERS」というテーマで、7組のアーティストと共に展覧会を開催します。

 

「matter」という言葉を直訳すると「問題・事柄・事態 」総じて物事の状態・状況を表します。それは語源である「material」という言葉が、物質の安定・固定した状態を表す意味に対し、「matter」は変化や動きという意味をもって物事を表しているのです。

 

展覧会場となる渋谷のBLOCK HOUSEを一歩出れば、スケートボーダーが明治道り沿いにこっそり作ったセクションが、ホームレスが置き去りにした荷物の塊が、そして壁にはグラフィティのゲームが繰り広げられています。

そのようなゲリラ的行為は日々変化しており、注意深く観察していると、これらを通して街とその秩序の変容が透けて見えてくるのです。

 

今回展示するアーティスト達はそのような公共空間の秩序や変化に介入し、そこにある生々しい「物・事」を拾い上げ、作品として提示します。それらは私達の意識や感覚を直接揺さぶる「matter」であり、街の変化を見透す視点を私達に分けてくれるのです。

SIDE CORE is pleased to announce “STREET MATTER”, art show by 7 member of artists.
Literally translate the word “matter” is a term expressing problems, circumstances, happenings. The origin of “material” mean has suggest which stable substance and fix state and also “matter” which mean has variation and movement.
If you one step out of BLOCK HOUSE in Shibuya where this art show will be, you can find concrete skateboarding sections secretly created along the Meiji street, plenty of baggages left by homeless people, and graffiti game is spreading on the wall. Such guerrilla acts are changing everyday, and if you taking look carefully, you will observe and its become visible in the order will be changed of the city.
These artists are exhibiting this time will intervene in the order and change of public space, pick up the vivid “material” and “happen” present it as an art work. These “matter” which directly effect our perception and consciousness and share us perspective to recognize invisible changes of the city.

 

<展覧会開催概要>


タイトル:STREET MATTERS
参加アーティスト:Nampei Akaki / 市川ヂュン/ EVERYDAY HOLIDAY SQUAD/ 菊地良太/ 宮原嵩広/ 森山泰地/ YAI YAI
会期:2017年2月18日(土) – 3月6日(月)

(2月17日(金)17:00- オープニング、住宅街になるレモンで作ったお酒を振舞います。)
会場:BLOCK HOUSE
住所:東京都渋谷区神宮前6−12−9
(千代田線明治神宮前駅から徒歩5分、明治通りAUDI FORUMビル裏)
時間:13:00 – 20:00(3月6日のみ16:00まで)
休み:毎週火曜日
主催: SIDE CORE(代表 高須咲恵)
協力: BLOCK HOUSE, island JAPAN
問い合わせ: sidecore.tokyo@gmail.com


-outline-
Artist :Nampei Akaki / Jun Ichikawa/ EVERYDAY HOLIDAY SQUAD/ Ryota Kikuchi/ Takahiro Miyahara/ Taichi Moriyama/ YAI YAI
Term:18th Feb.(sat) – 6th Mar.(mon)(opening reception 17:00 – 17th Feb.2017)
Venue:BLOCK HOUSE
Address:6−12−9 Jingumae, Shibuya, Tokyo.
Open:13:00 – 20:00(6th Mar. Close on 16:00)
Close:every Tuesday 
Cooperation : BLOCK HOUSE, island JAPAN
Contact: sidecore.tokyo@gmail.com

 

<参加アーティスト>

 

Nampei Akaki

NampeiAkaki

 

 

市川ヂュン / Jun Ichikawa

junichikawa

 

 

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD

EVERYDAYHORIDAYSQUAD_2015

 

 

菊地良太 / Ryota Kikuchi

born_1

 

 

宮原嵩広 / Takahiro Miyahara

宮原嵩広_mmafter-the-future3

 

森山泰地 / Taichi Moriyama

taichimoriyama-1024x604

 

YAI YAI

2017_YAIYAI_web

 

<イベント>


「MIDNIGHT WALK tour」 ※3月初旬予定
SIDE COREでは、今回の企画を皮切りに新しい枠組みの活動を発表します。街にアーティスト達とともに作品をゲリラ的に点在させ、既存の建築や壁画、グラフィティと共に、それらの作品を鑑賞・観察するツアーです。展覧会には始まりも終わりもなく、動線も無く、街の中でアートが増殖したり撤去され変化していきます。

「MID NIGHT HANG OUT!」 ※3月初旬予定
アートグループChim↑Pomの卯城竜太さんを招き、SIDE COREChim↑Pomの街を舞台とした活動の展望をシェアしあうトークショーを開催します。トークショーではSIDE COREの参加作家EVERYDAY HOLIDAY SQUADのヨーロッパでのゲリラアートに関するリサーチの結果の報告と、またChim↑Pomのアメリカとメキシコの国境で展開されたプロジェクトの裏側について伺います。また、トークショーは夜比較的遅い時間に開催され、その後卯城さんと共に「MIDNIGHT WALK tour」に繰り出します。(予約制・人数制限あり)
※詳細日程・その他のイベントは、随時サイトにてアップデートいたします。

この記事をシェア