東京都写真美術館 「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」

2017.01.23
写真展・イベント情報
この記事をシェア

東京都写真美術館にて 「東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13」が開催中です。

 

Nakafuji_Takehiko
中藤毅彦 〈STREET RAMBLER〉より 2015年 インクジェット・プリント

 

 

毎年異なるテーマで開催している「日本の新進作家展」。

本年は総合会館20年、また、リニューアルオープンした年にふさわしく、「東京」をテーマとした展示となっています。

6人の新進作家によるさまざまな「東京」が表現されています、ぜひご覧ください。

 

 

FLAT LABOでは、野村恵子さんと田代一倫さんの額装を担当させていただきました。フレームの幅や厚み、アクリルの材質について綿密に打ち合わせをして、TOPミュージアムにふさわしい展示になるようサポートさせていただきました。

 

 

 

<出品作家 >
小島康敬(こじまやすたか) 
1977年東京生まれ。国学院大学文学部卒業後、2006年に渡米。International Center of Photography, General Studies Program卒業。在学中、ICP Director's Scholarship Award受賞。文化庁・新進芸術家海外研修制度、2011年度研修員。2012年、Photo Espana “Descubrimiento photoespaña“ 選出アーティスト。2015年4月よりドイツのベルリンのクンストラーハウス・ベタニエン・レジデンシー・プログラムに参加。 
 

佐藤信太郎(さとうしんたろう) 
1969年東京生まれ。東京綜合写真専門学校、早稲田大学第一文学部卒業。共同通信社入社。2002年よりフリー。2009年千葉市芸術文化新人賞、日本写真協会賞新人賞受賞。2012年林忠彦賞受賞。 


田代一倫(たしろかずとも) 
1980年福岡県生まれ。九州産業大学大学院修了。2006年三木淳賞奨励賞を受賞。2006年より、福岡市にて<アジア フォトグラファーズ ギャラリー>の設立に参加。2010年に東京都新宿区の〈potographers' gallery〉に活動の拠点を移し、作品を制作、発表。2013年さがみはら写真新人奨励賞受賞。


中藤毅彦(なかふじたけひこ) 
1970年東京生まれ。早稲田大学第一文学部中退、東京ビジュアルアーツ写真学科卒業。2000年より5年間東京ビジュアルアーツ非常勤講師。作家活動とともに、四谷三丁目にてギャラリー・ニエプスを運営。2013年東川賞特別作家賞受賞。2015年林忠彦賞受賞。


野村恵子(のむらけいこ) 
兵庫県生まれ。同志社女子大学英文学部中退、大阪ビジュアルアーツ専門学校を卒業後、渡米。1997年コニカプラザ「新しい写真家登場」特別賞受賞。1999年日本写真協会新人賞受賞。2000年東川賞新人作家賞受賞。 


元田敬三(もとだけいぞう) 
1971年大阪生まれ。桃山学院大学経済学部卒業後、ビジュアルアーツ専門学校大阪入学。 在学中、1996年写真[人間の街]プロジェクト(ガーディアン・ガーデン主催)入選、準太陽賞受賞。1997年より東京ビジュアルアーツ専門学校にて非常勤講師。 

 

  • 開催期間:2016年11月22日(火)~2017年1月29日(日)
  • 休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
  • 料金:一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円 
  • ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2568.html

 

 

 

 

この記事をシェア